メモリ使用量の確認とバッファやキャッシュの開放

通常、Linuxでメモリの空き容量を確認するには、free コマンドを利用します。

ここでは、MBで表示させるために-mオプションを利用します。

free -m

 

結果は以下ようになります。

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:          2011       1881        129          0        187        954
-/+ buffers/cache:        740       1271
Swap:         7999          0       7999

この結果を見ると、空き容量は129MBしか無いように見えますが、実際は、バッファやキャッシュで利用されているためで実際に利用しているこれを差し引いた分になります。

 

また、このバッファやキャッシュを開放する場合には以下のコマンドを利用します。

sysctl -w vm.drop_caches=1

 

もう一度、 free コマンドで確認すると、バッファとキャッシュが開放されている事が確認出来ます。

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:          2011        740       1270          0          0         33
-/+ buffers/cache:        706       1304
Swap:         7999          0       7999

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">