[ctrl]-[alt]-[del]キーで再起動しない設定

Linuxマシンを利用していると、[ctrl]-[alt]-[del]キーで再起動出来る事に気付くと思います。

普段Linuxを常用している人には便利でもありますが、Windows管理に慣れている人だと意図せず再起動が起ってします可能性もあります。

ここでは、[ctrl]-[alt]-[del]キーでの再起動が起らない設定方法を記載します。

 

[ctrl]-[alt]-[del]キーでの再起動が起らない設定方法

/etc/inittabの設定変更

/etc/inittabの以下の行をコメントにします。

# Trap CTRL-ALT-DELETE
#ca::ctrlaltdel:/sbin/shutdown -t3 -r now

再起動すれば反映され、[ctrl]-[alt]-[del]キーで再起動しなくなります。

/procでの設定

inittabで設定しただけでは、再起動しないと設定が反映されません。

すぐに再起動が出来ないマシンの場合は、/proc/sys/kernel/ctrl-alt-delも合わせて変更します。

 

デフォルトでは、/proc/sys/kernel/ctrl-alt-delの設定値は’0’です。

‘0’は、[ctrl]-[alt]-[del]キーで再起動します。

cat/proc/sys/kernel/ctrl-alt-del

 

これを、’1’に変更し[ctrl]-[alt]-[del]キーでの再起動を禁止します。

echo "1" > /proc/sys/kernel/ctrl-alt-del

 

確認は以下の通り。

cat/proc/sys/kernel/ctrl-alt-del

設定値、’1’が返ってくれば設定終了です。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">