Ubuntu-10.10 Desktop 設定まとめ

用意した環境

Ubuntu-10.10 Desktop x86_64 (64bit)

 

ディレクトリの表示を英語表記へ

日本語デスクトップにすると、ホームディレクトリに日本語のデフォルトフォルダが作られる。
まぁデスクトップとしては理解できんでもないが、コンソールから激しく使いにくいの英語表記のフォルダ名に変更する。

LANG=C; xdg-user-dirs-gtk-update

 

viの設定

Ubuntu標準viに換えてvimをインストールする。

apt-get install vim

$HOME/.vimrcを設定する。

syntax on
set nobackup
set encoding=utf-8
set fileencoding=utf-8
set fileformat=unix
set fileencodings=cp932,utf-8,iso2022-jp,euc-jp,sjis,ucs-2

 

shell環境の設定

後々環境変数の設定をしやすくするために、$HOME/.bash_profileを作成し有効にします。
$HOME/.bash_profileを作成。

touch $HOME/.bash_profile

$HOME/.bashrcから$HOME/.bash_profileを読み込ますため、最下行に以下を追加

if [ -f ~/.bash_profile ]; then
. ~/.bash_profile
fi

 

sshでの接続設定

外部からUbuntuにsshやsftpで接続できるようにするために、sshdをインストール。

apt-get install ssh

 

ファイアウォール設定

Ubuntuでファイアウォールを設定するツールをインストールします。
CUIの場合は ufw、GUIな場合は gufw を利用できます。

apt-get install gufw

 

Javaのインストール

Oracle Java SE Downloadsから、Linux x64のjdk-6u22-linux-x64.binをダウンロードしてくる。
JDKをインストールする。

chmod 755 jdk-6u22-linux-x64.bin
./jdk-6u22-linux-x64.bin
sudo mkdir /usr/java
sudo mv jdk1.6.0_22 /usr/java/
sudo ln -s /usr/java/default /usr/java/jdk1.6.0_22

Javaの環境変数を設定する。
$HOME/.bash_profile

export LANG=ja_JP.UTF-8
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH

 

Eclipseのインストール

コンソールから起動は出きるものの、アプリケーションランチャやアイコンから起動しようとすると以下のエラーメッセージが…。
A Java Runtime Environment (JRE) or Java Development Kit (JDK)
must be available in order to run Eclipse. No Java virtual machine
ふむ、JavaのPATHは通したんだが…。

つうこで、eclipse.iniに-jvmオプションを付ける事でとりあえず解決。

-vm
/usr/java/default/bin
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5

ついでに、pleiadsのeclipse.iniは以下のとおりフルパスで指定。

javaagent:/home/hoge/Applications/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

 

Flash Playerのインストール

Adobe Laboから64bit Linux版をダウンロードするし展開する。

tar zxvf flashplayer_square_p2_64bit_linux_092710.tar.gz

出て来たlibflashplayer.soをコピーする。

sudo cp libflashplayer.so /usr/lib64/mozilla/plugins/

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">