ntpの設定

ntpで自動に時刻同期をする場合を記載します。

ntpを使うと、時刻同期サーバ(ntpサーバ)から時刻情報を取得し、システムの時間を正確に保つ事が出来ます。

 

NTPソフトのインストールと設定

インストール

ntpをインストールします。

yum install ntp

 

インストールしたら、自動起動するように設定します。

chkconfig ntpd on

 

設定例

すでに、/etc/ntp.confファイルが出来ていると思いますので、これを編集して行きます。

ここでは、時刻同期先のサーバを指定し、時刻情報を取得します。

(クライアントとして、自分の時刻を合わせる為だけの設定です。)

 

/etc/ntp.confのserver行だけ編集します。

ntp.conf

server ntp1.ring.gr.jp
server ntp2.ring.gr.jp
server ntp3.ring.gr.jp

ここでは、インターネットで公開されているntpサーバを指定しました。

ネットワークによっては、そのネットワーク内にntpサーバがあるかもしれません。その場合は、そのサーバを指定してください。

 

編集したら、ntpdを再起動します。

/etc/init.d/ntpd restart

 

同期の確認

時刻同期出来てるかどうかは、以下のコマンドで確認出来ます。

ntpq -p

 

正しく設定でき、時刻が同期されれば以下のような結果が表示されます。

     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*ring.nict.go.jp 133.243.238.244  2 u  511 1024  377   15.952   -0.290   0.643
+ring.ix.oita-u. 133.37.223.92    3 u  487 1024  377   46.179   -0.655   0.140
 LOCAL(0)        .LOCL.          10 l   23   64  377    0.000    0.000   0.001

なお、設定してすぐには同期が完了しませんので、同期するまでには多少の時間が必要です。

同期作業中の場合は、*や+の印が出ませんが、ある程度の時間がすぎれば同期され、*や+の印が出てきます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">