IPV6を無効化する

OSはデフォルトでIPV6が利用できるようになっている場合が多くありますが、これがたまにじゃまをするために、IPV6を無効にしたい場合があります。

ここでは、CentOSでの IPV6 無効化の方法を記載します。

なお、IPV6を無効化した場合、/etc/hosts の見直しや、各デーモンの IPV6 機能の停止をおすすめします。( postfix や sshd などのIPV6無効化や ip6tables デーモン の停止など)

 

モジュールのロードを無効にする

CentOS-5

/etc/modprobe.conf で、IPV6系のモジュールを無効にします。

alias ipv6 off
options ipv6 disable=1

ip6tables を停止

 chkconfig ip6tables off

 

CentOS-6

/etc/modprobe.d/ipv6.conf を以下の内容で作成

options ipv6 disable=1

ip6tables を停止

 chkconfig ip6tables off

 

無効化されているかどうかは、ifconfig コマンドで確認します。

これで無効化されない場合は、以降の各ネットワークインターフェースの設定などを確認してください。

それでもダメなら、/etc/sysctl.conf に無効化の設定を入れます。(確実に無効化されます。)

 

CentOS-7

CentOS-6と同じ方法でも無効化できますが、GRUB2からKernelに起動オプションを渡すことにより無効化できます。(こちらがオススメ)

/etc/default/grubの以下の行に、ipv6.disable=1 を追加します。*一行です。

GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=centos/swap vconsole.font=latarcyrheb-sun16
 rd.lvm.lv=centos/root crashkernel=auto  vconsole.keymap=us rhgb quiet
 ipv6.disable=1"

/etc/default/grubの設定を、/boot/grub2/grub.cfg に反映させるため、grub2-mkconfig コマンドを発行します。なお、BIOSのマシンとUEFIのマシンとで、反映させるファイルが異なりますのでご注意ください。

・BIOS

grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

・UEFI

grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg

無効化されたかの確認は、以下のコマンドでinet6の表示がなくなっていればOKです。

ip addr show

 

 

ネットワークの共通設定で、IPV6を無効にする

/etc/sysconfig/network で、IPV6 を無効にします。

NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=sv01.unixlife.local

 

無効化されているかどうかは、ifconfig コマンドで確認します。

 

各インターフェースの設定で、IPV6を無効にする

各インターフェースをでIPアドレスを設定する場合にも、IPV6を無効にする設定を追加します。

ここでは、eth0 に設定する場合を示します。

/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
USRCTL=no
SLAVE=yes
MASTER=bond0
PEERDNS=yes
IPV6INIT=no

 

無効化されているかどうかは、ifconfig コマンドで確認します。

 

ipv6が無効化出来ない場合

CentOS-6やRHEL-6でipv6が設定ファイルだけでは無効化出来ない場合があります。

 

その場合は、/etc/sysctl.conf に以下を追記します。

 net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
 net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1

 

次に、設定を反映させます。

systcl -p

 

無効化されているかどうかは、ifconfig コマンドで確認します。

 

以上で、IPV6の無効化に関する設定は終了です。

 

 

  1. CentOS6でIPv6を無効にする | PSLブログ(仮) - pingback on 2014/01/24 at 11:25 AM
  2. 最後のコマンド
    systcl -p

    sysctl -p
    だと思います。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: