bonding の設定

bondingとは

一般的にはteamingと呼ばれる物で、複数のNICをまとめて利用し、NICの冗長化をする物です。
一般的には、2つのNICをまとめて使う場合が多いと思います。
ここでは、eth0,eth1,eth2,eth3があるとして、eth0,eth1をbond0に、eth2,eth3をbond1に設定していきます。

 

bondingモジュールのロード

まずは、Linux kernelのbondigモジュールをロードします。
この時、bondigモジュールへのオプションも同時に指定します。
モジュールのロード設定は、/etc/modprobe.confへ行いますが、CentOS/RHELではバージョンによって記載方法が異なりますので注意してください。

 

CentOS-4 , RHEL-4

/etc/modprobe.conf

install bond0 /sbin/modprobe bonding -o bond0 primary=eth0 mode=1 miimon=100
install bond1 /sbin/modprobe bonding -o bond1 primary=eth2 mode=1 miimon=100
alias eth0 tg3
alias eth1 tg3
alias eth2 e1000
alias eth3 e1000

 

CentOS-5 , RHEL-5

alias eth0 tg3
alias eth1 tg3
alias eth2 e1000
alias eth3 e1000
alias bond0 bonding
options bond0 primary=eth0 miimon=100 mode=1
alias bond1 bonding
options bond1 primary=eth2 miimon=100 mode=1

 

必要最小限なOption

フィールド 書式
mode 0 default値。2つのNICをラウンドロビンで利用するモード
1 平常時は1つのNICで通信し、障害が発生したら切り替わるモード
miimon MIIリンク監視を行う頻度をミリ秒単位で指定します。
0はMIIリンク監視を無効にします。
推奨値=100

 

ネットワークインタフェースの設定

リアルなeth0からeth3、bonding用のインタフェースのbond0,bond1を設定します。

 

eth*の設定

今回は、eth0からeth3まで作成します。
設定するファイルは通常のネットワーク設定するファイルと同一の/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth*です。
ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
USERCTL=no
BOOTPROTO=none
HWADDR=00:00:00:00:00:00
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes

ifcfg-eth1

DEVICE=eth1
USERCTL=no
BOOTPROTO=none
HWADDR=00:00:00:00:00:01
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes

ifcfg-eth2

DEVICE=eth2
USERCTL=no
BOOTPROTO=none
HWADDR=00:00:00:00:00:10
ONBOOT=yes
MASTER=bond1
SLAVE=yes

ifcfg-eth3

DEVICE=eth3
USERCTL=no
BOOTPROTO=none
HWADDR=00:00:00:00:00:11
ONBOOT=yes
MASTER=bond1
SLAVE=yes

 

bondingインタフェースの作成

bondingインタフェースのファイルは、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond*になります。
ifcfg-bond0

DEVICE=bond0
USERCTL=no
BOOTPROTO=none
BROADCAST=192.168.1.255
IPADDR=192.168.1.1
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.1.0
ONBOOT=yes

ifcfg-bond1

DEVICE=bond1
USERCTL=no
BOOTPROTO=none
BROADCAST=172.16.1.255
IPADDR=172.16.1.1
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=172.16.1.0
ONBOOT=yes

 

これで、設定は終了です。設定を反映させてください。

/etc/init.d/network restart

 

設定の確認は以下のコマンドで。

ifconfig -a

 

 

bondインタフェースの確認

bondインタフェースの状態確認は、/proc/net/bonding/bond0および/proc/net/bonding/bond1で確認できます。

cat /proc/net/bonding/bond0

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">