NFSサーバの設定

NFSサーバの設定についてい記載します。

対象は、NFSv3で、NFSv4については、今のところ掲載していません。

なお、検証環境はCentOS-6です。

 

NFSサーバのインストール

NFSサーバに必要なパッケージをインストールします。

yum install nfs-utils rpcbind

 

NFSに必要なデーモンは以下の通りです。

rpcbind
nfslock
nfs

 

必要なデーモンの起動設定をします。

/sbin/chkconfig rpcbind on
/sbin/chkconfig nfslock on
/sbin/chkconfig nfs on 

 

 

NFSサーバ側の設定

NFSで公開するディレクトリを、/etc/exportsで設定します。

ここでは、/exports/www/export/docs/exports/logsをNFSで公開する設定をします。

書式は、[公開ディレクトリ] [IPアドレス][オプション]です。ここでは、よく利用するオプションで設定しています。

/etc/exports

192.168.1.0/24のネットワークに読み書き可能で公開
/exports/www 192.168.1.0/24(rw,sync)
192.168.1.0/24のネットワークに読み込み専用で公開
/exports/docs 192.168.1.0/24(ro)
192.168.1.100に読み書き可能で公開。192.168.1.200に読み込み専用で公開
/exports/logs 192.168.1.100(rw,no_root_squash,sync) 192.168.1.200(ro)

 

設定したら必要なサービスを起動します。

/etc/init.d/rpcbind start
/etc/init.d/nfslock start
/etc/init.d/nfs start

 

設定を変更した場合は、nfs のみ再起動します。

/etc/init.d/nfs restart

 

NFSサーバのオプション

/etc/exports で指定できるオプションの内、利用頻度の多いものをご紹介します。

ro ファイルシステムのマウントを読み取り専用にします。
rw ファイルシステムのマウントを読み書き可能とします。
wdelay 別の書き込み要求が発生する場合に、 NFSサーバはディスクへの 書き込みを遅らせます。別々の書き込みによってディスクにアクセスする回数を減らし書き込みオーバーヘッドを少なくなることでパフォーマンスを向上します。
no_wdelay wdelayの機能をOFFします。この指定にはsyncオプションを利用している必要があります。
root_squash NFSクライアントから、root権限での書き込みを禁止します。これはデフォルト値です。
no_root_squash NFSクライアントが、root権限での書き込み可能とします。
sync NFSサーバがディスクへの書き込みが実際に行われるのを確認してから、次の書き込み要求に応答します。
async NFSサーバはディスクへの書き込みが実際に行われる前に書き込み要求に応答します。ただし、この非同期オプションを利用した場合には、パフォーマンスは上がりますが、NFSサーバがクラッシュした場合などには、検出不可能なデータ損失が起こる恐れがあります。

 


NFSクライアントの設定

NFSサーバで公開されているディレクトリをマウントして利用する設定をします。

マウントする場合の書式は以下の通りです。

IPアドレスorFQDN:公開ディレクトリ マウントディレクトリ オプション

 

パッケージのインストールと起動設定

必要なパッケージと、起動デーモンの設定をします。

・インストール

yum install rpcbind nfs-utils

 

・起動デーモンの設定

chkconfig rpcbind on
chkconfig netfs on

 

・手動での起動

/etc/init.d/rpcbind start
/etc/init.d/netfs start

 

 

コマンドでマウント

コマンドでマウントする場合は以下のようにします。

mount -t nfs 192.168.1.1:/exports/www /exports/www -o rsize=8192,wsize=8192,hard,intr

 

自動マウント

起動時に自動でマウントする場合は、/etc/fstabに設定します。

192.168.1.1:/exports/www	/exports/www	nfs	rsize=8192,wsize=8192,hard,intr	0	0
192.168.1.1:/exports/docs	/exports/docs	nfs	rsize=8192,hard,intr		0	0

 

 

マウントオプション

ここでは、主なマウントオプションを解説します。

オプション 説明
rsize 読み出しのバッファサイズを指定します。
通常8kb程度が最も性能が出るでしょう。
wsize 書き込みのバッファサイズを指定します。
通常8kb程度が最も性能が出るでしょう。
soft / hard NFSのファイル操作がタイムアウトした場合の設定です。
softはI/Oエラーを返し、hardはコンソールにメッセージを表示しリトライを続けます。
intr hardが設定されている場合に、リトライの中断を許可します。
指定が無い場合はリトライが永遠に続きます。
noatime 読み込み時にタイムスタンプを更新しません。これによりパフォーマンスを向上させます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: