phpMyAdminのインストールと初期設定

CentOS-5にWebベースで動くMySQL管理アプリケーションのphpMyAdminをインストール、設定します。

phpMyAdminはその名のとおりPHPの動作環境があれば利用出来ます。今回はphpMyAdmin-3.2.5をRPMでインストールし設定します。

なお、phpMyAdminのバージョン3系では、PHP-5.2以上、MySQL-5系が必要になります。

 

PHPのインストールと初期設定

PHP-5.3.3のインストールと設定は、こちらをご覧ください。

 

phpMyAdminのインストール

PHP-5.3.3用リポジトリの設定が終わっていれば、そのままUNIXLifeのリポジトリからphpMyAdminもインストールできます。

yum install phpMyAdmin

 


phpMyAdminの設定

phpMyAdminを設定していきます。設定ファイルは、/etc/phpMyAdmin/config.inc.phpです。

RPMからインストールした場合、多くはデフォルトの設定で利用出来ますので、必要な部分のみ設定して行きます。

 

アクセス制限の設定

デフォルトでは、localhostからのみphpMyAdminにアクセス出来るように制限されています。

アクセス制限を変更する場合は、/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.confで設定します。

例えば、192.168.1.100のホストからアクセスを許可する場合は、以下のように設定します。

Alias /phpMyAdmin /usr/share/phpMyAdmin
Alias /phpmyadmin /usr/share/phpMyAdmin
<Directory /usr/share/phpMyAdmin/>
   order deny,allow
   deny from all
   allow from 127.0.0.1 192.168.1.100
   allow from ::1
</Directory>

 

設定を変更したら、Apacheに変更を読み込ませます。

/etc/init.d/httpd graceful

 

 

認証の設定

phpMyAdminの認証について設定します。

phpMyAdminの認証方式には、config http cookie から選択します。今回は、cookie認証方式を利用して設定します。

cookie認証方式の設定

cookie認証でパスワードを暗号化する場合に使用します。64文字以内のパスフレーズを入力して下さい。

/* * This is needed for cookie based authentication to encrypt password in
 * cookie */
$cfg['blowfish_secret'] = 'password'; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */

 

認証方式の設定。cookie認証方式を設定します。

$cfg['Servers'][$i]['auth_type']     = 'cookie';

これで認証の設定は終了です。

 

 

phpMyAdminの利用

これでphpMyAdminの設定は終了です。

http://localhost/phpMyAdmin からアクセスすると認証画面が表示されます。

認証時のユーザーとパスワードは、MySQLの既存ユーザーの物を利用します。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">