DLNAメディアサーバの構築(MediaTomb)

Linuxで、家電用メディアサーバを構築する手順を紹介します。

DLNA(UPnP)サーバをLinuxで構築すると、PS3などからLinuxにある動画ファイル(avi,mpeg2,mpeg4)や音楽ファイル(mp3)などの再生が可能になります。

我が家では、CentOSに動画ファイルを保存しているため、これをPS3で観られるようにするために利用しています。

ここでは、DLNA(UPnP)サーバソフトに、MediaThombを利用する方法を記載します。

 

 

MediaTombのインストール

CentOS-5にインストールしましたが、MediaTomb依存関係の多いソフトで以下の物が必要になり、CentOSでは提供されていない物も多く含まれます。

sqlite - CentOS
mysql client library - CentOS
expat - CentOS
zlib - CentOS
libexif - CentOS
js(SpiderMonkey JavaScript Engine) - http://www.mozilla.org/js/spidermonkey/
taglib - http://developer.kde.org/~wheeler/taglib.html
id3lib - http://id3lib.sourceforge.net/
libmpeg2 - http://libmpeg2.sourceforge.net/
ffmpeg - http://ffmpeg.mplayerhq.hu/

 

また、この依存ソフトウェアをコンパイルする為に、更に必要になるソフトウェアが多数あります。

例えば、ffmpegなどは以下のソフトウェアが必要になります。

libogg - CentOS
libvorbis - CentOS
libtheora - CentOS
imlib2 - http://sourceforge.net/projects/enlightenment/files/
(libid3tag - http://sourceforge.net/projects/mad/)
(giflib - CentOS)
lame - http://lame.sourceforge.net/
(nasm - CentOS)
texi2html - http://www.nongnu.org/texi2html/
(perl-Text-Unidecode)
faad2 - http://www.audiocoding.com/
faac - http://www.audiocoding.com/
(libmp4v2 - http://resare.com/libmp4v2/)
gsm - http://kbs.cs.tu-berlin.de/~jutta/toast.html
xvidcore - http://www.xvid.org/
x264 - http://www.videolan.org/developers/x264.html

このように、非常に多くのソフトウェアが必要なため、今回はyumからインストールします。

 

 

yumでのインストール

今回は私が作成したRPMをyumからインストールします。

 

リポジトリ設定用RPMの取得とインストール

 

・i386(32bit)用パッケージの取得とインストール

wget http://unixlife.jp/rpmrepos/centos/5/unixlife/i386/unixlife-release-0.1.0-1UL01.i386.rpm
rpm -ivh unixlife-release-0.1.0-1UL01.i386.rpm

 

・x86_64(64bit)用パッケージの取得とインストール

wget http://unixlife.jp/rpmrepos/centos/5/unixlife/x86_64/unixlife-release-0.1.0-1UL01.x86_64.rpm
rpm -ivh unixlife-release-0.1.0-1UL01.x86_64.rpm

 

リポジトリを更新します。

yum update

 

MediaTombをインストールするには、以下のコマンドで行います。

yum install mediatomb

これで、必要なRPMパッケージが全てインストールできます。

 

 

MediaTombの設定

MediaTombの設定は比較的容易にできます。

設定ファイルは、/etc/mediatomb.conf/etc/mediatomb/config.xmlで行います。

なお、/etc/mediatomb/config.xmlファイルは、MediaTombを一度起動すると自動で作成されますので、作成されたら必要な変更を行います。

 

mediatomb.confの設定

/etc/mediatomb.confの設定箇所は一カ所だけです。

DLNA(UPnP)を提供するサーバのNICを指定するだけです。

## This is a sambel configuration file for the MediaTomb daemon script
## used on Fedora Core

## By default the configuration will be created in /etc/mediatomb

## Network interface on which the server will run, you need to edit this!
#MT_INTERFACE="NOT_SET" <---ここをコメントに
MT_INTERFACE="eth0" <---この行を追加(eth0でDLNAサービスを提供する例)

## User defined command line options that may be passed to the server
MT_OPTIONS=""

## MediaTomb will be started on port 50500
MT_PORT="50500"

## MediaTomb will run as mediatomb
MT_USER="mediatomb"
MT_GROUP="mediatomb"

## Location of the PID file
MT_PIDFILE="/var/run/mediatomb.pid"

## Location of the log file
MT_LOGFILE="/var/log/mediatomb"

## Location of the config file/database
MT_HOME="/etc"
MT_CFGDIR="mediatomb"

 

 

config.xmlの設定

まず、デフォルトのconfig.xmlを作成するため、MediaTombを起動/停止します。

 

起動

/etc/init.d/mediatomb start

 

停止

/etc/init.d/mediatomb stop

これで、/etc/mediatomb以下にconfig.xml、mediatomb.db、mediatomb.htmlファイルが作成されます。

 

このうち、config.xmlの設定を変更します。ここでは、変更する箇所のみ記載します。

PS3を有効化する
<protocolInfo extend="yes"/><!-- For PS3 support change to "yes" -->

<import hidden-files="no">
    <filesystem-charset>UTF-8</filesystem-charset> <---文字コードの設定を追加
    <metadata-charset>CP932</metadata-charset> <---文字コードの設定を追加

<extension-mimetype ignore-unknown="no">
	<map from="jpg" to="image/jpeg"/> <---メディア形式を追加
	<map from="jpeg" to="image/jpeg"/> <---メディア形式を追加
	<map from="gif" to="image/gif"/> <---メディア形式を追加
	<map from="png" to="image/png"/> <---メディア形式を追加
	<map from="m4v" to="video/mp4"/> <---メディア形式を追加
	<map from="mp4" to="video/mp4"/> <---メディア形式を追加
	<map from="mpg" to="video/mpeg"/> <---メディア形式を追加
	<map from="mpeg" to="video/mpeg"/> <---メディア形式を追加
	<map from="mp3" to="audio/mpeg"/>
	<map from="ogg" to="application/ogg"/>
---------以下略--------

    PS3でDivXのサポートを有効化する
    <!-- Uncomment the line below for PS3 divx support -->
    <map from="avi" to="video/divx"/>

ここまでの設定が終了したら、MediaTombの起動します。また、自動起動の設定もしておきます。

 

MediaTombの起動

/etc/init.d/mediatomb start

 

自動起動の設定

chkconfig mediatomb on

 

 

MediaTombでの公開コンテンツ管理

MediaTombでの設定は、Web UIを利用し、公開するサーバ内のディレクトリを指定します。

Web UIへのアクセス

http://127.0.0.1:50500/ でMediaTombのページにアクセスしてください。

公開ディレクトリの指定

公開ディレクトリを指定するには、Web UIの「Filesystem」を選択し、公開するディレクトリを選択して「+」ボタンを押下します。

公開コンテンツの管理

公開コンテンツの管理は、Web UIの「Database」を選択しおこないます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">