DHCPサーバの設定

DHCPサーバの構築です。検証環境はCentOSです。

 

インストール

インストールは以下のコマンドで行ってください。

yum install dhpc

これで、必要な物一式がインストールされます。

起動方法や、自動起動設定は以下の通りです。

 

/etc/init.d/dhcpd start
chkconfig dhcpd on

 


DHPCの設定例

ここでは、いくつかの設定例をあげていきます。

なお、DHPCサーバの設定をテストする場合、同じネットワーク内に他のDHCPサーバが稼働していないことを、必ず確認してください。

 

スタンダードな設定例

1.192.168.10/24のネットワーク用DHCPサーバとする

2.DNSサーバは、192.168.1.1と192.168.1.2とする

3.デフォルトゲートウェイは、192.168.1.254とする

/etc/dhcp.conf

ddns-update-style none;
default-lease-time 86400; <---IPの貸与デフォルト期間(秒)
max-lease-time 259200; <---最大の貸与期間(秒)

shared-network LOCAL-NET { <---LOCAL-NETと言う識別子を付けています。
	subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 { <---192.168.1.0/24の設定宣言
	range 192.168.1.100 192.168.1.250; <---DHCPで割り振るIPの範囲を設定
	option subnet-mask 255.255.255.0; <---クライアントへ通知するサブネットの設定
	option broadcast-address 192.168.1.255; <---クライアントへ通知するブロードキャストの設定
	option domain-name-servers 192.168.1.1,192.168.1.2; <---クライアントへ通知するDNSサーバの設定
	option routers 192.168.1.254; <---クライアントへ通知するゲートウェイの設定
	option domain-name "unixlife.local"; <---クライアントへ通知するドメイン名の設定
	}
}

 

 

インタフェースを2つ搭載したサーバで、片方だけDHCPサービスをする場合

2つのインタフェースを搭載したサーバで、片方がLAN、片方がWANの場合など、片方だけにDHCPサービスを提供したい場合には、/etc/sysconfig/dhcpdを以下のように編集します。

/etc/sysconfig/dhcpd

DHCPDARGS=eth0

 

 

2つのネットワークのDHCPサーバにする

2つのネットワークインタフェースを搭載しているサーバで、2つのネットワークにDHCPサービスを提供したい場合は、以下のように、もう1つのsubnetを追加します。

ddns-update-style none;
default-lease-time 86400;
max-lease-time 259200;

shared-network LOCAL-NET {
	1つめのネットワークの設定
	subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
	range 192.168.1.100 192.168.1.250;
	option subnet-mask 255.255.255.0;
	option broadcast-address 192.168.1.255;
	option domain-name-servers 192.168.1.1,192.168.1.2;
	option routers 192.168.1.254;
	option domain-name "unixlife.local";
	}
	2つめのネットワークの設定
	subnet 192.168.100.0 netmask 255.255.255.0 {
	range 192.168.100.100 192.168.100.250;
	option subnet-mask 255.255.255.0;
	option broadcast-address 192.168.100.255;
	option domain-name-servers 192.168.100.1,192.168.100.2;
	option routers 192.168.100.254;
	option domain-name "examples.local";
	}
}

 

 

特定のクライアントに同じIPを貸与する

通常、DHCPサーバはrangeで指定した範囲のIPをリクエストして来たクライアントに貸与します。

ここでは、特定のクライアントには、特定のIPアドレスを貸与したい場合の設定について記載します。

この場合、クライアントのMACアドレスと貸与するIPアドレスを設定します。

特定のIPを貸与する設定をするには、subnet内にhost bigbird{};を設定します。

ddns-update-style none;
default-lease-time 86400;
max-lease-time 259200;

shared-network LOCAL-NET {
	subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
	range 192.168.1.100 192.168.1.250;
	option subnet-mask 255.255.255.0;
	option broadcast-address 192.168.1.255;
	option domain-name-servers 192.168.1.1,192.168.1.2;
	option routers 192.168.1.254;
	option domain-name "unixlife.local";

	ここに、固定のIPを貸与するクライアントを記入する
	host client1{ hardware ethernet 00:00:00:00:00:00; fixed-address 192.168.1.10; }
	host client2{ hardware ethernet 11:11:11:11:11:11; fixed-address 192.168.1.11; }

	}
}

 

 

特定のクラインとにのみIPを貸与する

DHCPでIP貸与するクライアントを、MACアドレスで制限する場合の設定例です。

この場合、deny unknown-clients;を追加し、IP貸与するhostとMACアドレスを対応づけて記入します。

ddns-update-style none;
default-lease-time 86400;
max-lease-time 259200;

shared-network LOCAL-NET {
	subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0
	range 192.168.1.100 192.168.1.250;
	option subnet-mask 255.255.255.0;
	option broadcast-address 192.168.1.255;
	option domain-name-servers 192.168.1.1,192.168.1.2;
	option routers 192.168.1.254;
	option domain-name "unixlife.local";
	deny unknown-clients; <---これを追加

	ここに、IPを貸与するクライアントを記入する
	host client1{ hardware ethernet 00:00:00:00:00:00; }
	host client2{ hardware ethernet 11:11:11:11:11:11; }
	}
}

 

 

Windows固有の情報を提供する

Windowsクライアントに、netbiosの情報を提供する場合の例です。

ddns-update-style none;
default-lease-time 86400;
max-lease-time 259200;

shared-network LOCAL-NET {
	subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0
	range 192.168.1.100 192.168.1.250;
	option subnet-mask 255.255.255.0;
	option broadcast-address 192.168.1.255;
	option domain-name-servers 192.168.1.1,192.168.1.2;
	option routers 192.168.1.254;
	option domain-name "unixlife.local";

	option netbios-name-servers 192.168.1.3,192.168.1.4; <---WINSサーバのIP
	option netbios-dd-server 192.168.1.3,192.168.1.4; <---WINSサーバのIP
	option netbios-node-type 8; <---NetBIOS名の検索方法
	}
}

NetBIOS名の検索方法

1 = B-node <—ブロードキャストで検索

2 = P-node <—WINSのみを利用

4 = M-node <—ブロードキャストで発見出来ない場合には、WINSを利用

8 = H-node <—WINS検索で発見出来なければ、ブロードキャストで検索

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">