Emacs 簡易コマンドリファレンス

表内の標記—C=Ctrl,M=AltまたはEsc

C-xはCtrlを押しながらxキーを押す。

M-xはAltを押しながらxキーを押す、または、Escを押した後、xキーを押す。

ファイル操作
C-x C-f ファイル開く
C-x C-v 別のファイルを開く
C-x i カーソル一位置に指定ファイルの内容を挿入
C-x C-s ファイルを保存
C-x C-c ファイルを保存しemacsを終了
C-x C-w 別名でファイルを保存
カーソル移動
C-f , → 右に移動
C-b , ← 左に移動
C-p , ↑ 上に移動
C-n , ↓ 下に移動
M-f 次の単語に移動
M-b 前の単語に移動
C-a 行頭へ移動
C-e 行末へ移動
C-v 一画面分進む
M-v 一画面分戻る
M-< ファイルの先頭に移動
M-> ファイルの末尾へ移動
C-x C-x マーク位置へ移動
テキスト操作
C-d カーソル上の文字を削除
DEL カーソルの前の文字を削除
C-k カーソルから行末まで削除
C-x Ct 前の行と入れ替える
C-space マークをセット
C-w マークからカーソル前までカット
M-w マークからカーソル前までコピー
C-y カーソル位置にペースト
検索
C-s 順方向へ検索
C-r 逆方向へ検索
Window操作
C-x 2 Windowを縦に2分割する
C-x 3 Windowを横に2分割する
C-x o Windowを移動
C-x 0 現在のWindowを削除
C-x 1 現在のWindow以外を削除
C-x ^ 現在のWindowを縦に拡大
M-x shrink-window 現在のWindowを縦に縮小
C-x 4 f 他のWindowにfileを読み込む
C-x 4 0 Windowをバッファと共に削除
Undo
C-x u 1つ前のコマンドを取り消す

 

emacsでの文字コード変換

以下が、文字コード変換コマンド。このコマンドに続いて、文字コードを指定。

C-x [RET] f M-x set-buffer-file-coding-system[RET]
euc-jp-unix 文字コードにEUC-JPを指定改行文字はUNIX形式
euc-jp-win 文字コードにEUC-JPを指定改行文字はWindows形式
euc-jp-mac 文字コードにEUC-JPを指定改行文字はMac形式
shift-jis-unix 文字コードにshift-jisを指定改行文字はUNIX形式
shift-jis-win 文字コードにshift-jisを指定改行文字はWindows形式
shift-jis-mac 文字コードにshift-jisを指定改行文字はMac形式
utf-8-unix 文字コードにutf-8を指定改行文字はUNIX形式
utf-8-win 文字コードにutf-8を指定改行文字はWindows形式
utf-8-mac 文字コードにutf-8を指定改行文字はMac形式

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">